ATD​とは

ATDの概要

The Associaton for Talent Development(ATD)は、1944年に設立された非営利団体で、約100カ国以上の国々に約40,000人の会員(20,000を越える企業や組織の代表を含む)をもつ、訓練・人材開発・パフォーマンスに関する世界最大の会員制組織です。

2012年以前は、ASTD(American Society for Training & Development)と呼ばれており、2018年には創立75周年を迎えました。

ATDは、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置き、人材開発・組織開発の分野での情報発信として、カンファレンス・セミナーの開催、書籍の出版、認定資格の認証など、幅広く実施しています。

 

年に一度、米国で開催される国際大会「International Conference and Exposition(ICE)」は、人材開発・組織開発に関する10,000人以上のプロフェッショナルが世界中から集う、世界最大の会議・展示会として知られています。

参考:米国ATD公式Webサイト  https://www.td.org/